期間の高値安値のブレイクアウトでエントリーするEA


FXではメジャーなブレイクアウト戦術

今回はシンプルに指定期間内の高値、安値を上抜け、下抜けした時にブレイクした方向にポジションを取るEAの紹介と簡単な説明をします

完成品はこちら breakout01

80、81行目で期間内の高値、安値を算出しています

iHighest(),iLowest()

iHighestとiLowestはそれぞれ、期間内の高値、安値があるバーの位置を返します
高値、安値の価格を返すのではないので、そこだけ注意が必要です。

それぞれパラメーターは

symbol,   通貨ペア、NULLで現在のチャート

timeframe,    タイムフレーム 0で現在のチャートの時間軸
int type,        価格の判定 MODE_HIGHで高値、MODE_LOWで安値、MODE_CLOSEで終値を持ってくる
int count,    検索する範囲 今回は kikanとし、自由にいじれるようにしている
int start,   ローソク足何本前から検索するか、今回は1とし、1本前からkikanの変数に入っている分後ろの期間の中から検索する

ブレイクアウト戦術はいまでも通用するか

下は15分足 EURUSD 10本分の高値安値のブレイクアウトのバックテスト結果です
PF0.68… エントリーを逆にすればよさそうなレベルで損失を出しています。

 

m15

ですが、1時間足にして、本数を25まで増やせば、なんとか利益がでるようです。

1h

このデーターだけでは確定ではありませんが、ひょっとすると長い時間軸ではまだ有効かもしれません。

色々検証してみてください.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です