MT4インディケーター作成講座 組み込みテクニカル指標の使い方


MQLには、組み込みテクニカル指標といい、
様々なテクニカル指標を自分で作ったインジケーターに組み込むことができます。

今回は、2本の移動平均線を1つのインジケーターで表示できるコードを書いてみましょう

2ma

今回作るのはこちら 2MA.zip

Read more

MT4の使い方講座 インディケーターを入れる方法


MT4のインディケーターは世界中で無料配布されていたり、高機能なものは有料で販売されていたりします。
インストール時点でそこそこインディケーターが入っていますが、良さそうなものはどんどん追加していきましょう!

インジケーターのダウンロードができるサイト

MT4でFX 名前順や画面表示からインディケーターを探せるサイト

ForexTSD 海外サイトで無料登録が必要ですが、EAやインジケーターなど活発な議論がされています。

インジケーターの保存先

ダウンロードしたインジケーターは、MT4の専用のフォルダーに入れてあげないといけません。
専用のフォルダーはMT4のファイルメニューからデータフォルダーを開くをクリック

indi

MQL4フォルダーに入る

indi2

インディケーターをダウンロードした場合は、Indicatorsのフォルダーへ、
EAをダウンロードした場合は、Expertsフォルダーへ入れます。

indi3

フォルダーにいれたのちメタトレーダーを再起動すれば、ナビゲーターのインディケーターに追加したインジケーターが表示されるはずです。

MT4インディケーターの作り方講座3 インディケーターの色や表示方法の設定


今回は、MT4インディケーターの作成で、プログラム初心者がもっとも迷うループ処理を使ったインディケーターの処理を2回に分けて解説していきます。
下の画像のよう終値をサブウインドウにラインチャートで表示するインディケーターを作ってみましょう!
o1

この程度なら自分でコードを書くのは4行ほどです
難しがらずに挑戦してみてください
今回はまず、インディケーターの色や、線の種類、チャートでの表示方法などを解説します

今回作ったのはこちら

owarine_1.mq4

ダウンロードしたソースはこちらを参考にメタトレーダーに入れてみてください。

Read more

MT4インディケーターの作り方講座2  プログラムはどこに書くの?


前回の記事でターミナルのエキスパート欄に文字を表示するインディケーターを作成しました。
今回は前回作ったソースコードを見ながら、MT4のプログラムがどんなものかを解説します。

関数とか訳のわからない単語が出てきますが、次回説明するので流し読んでおいてください

Read more

MT4インディケーターの作り方講座1 とりあえず動かしてみよう


今回から、メタトレーダーで使えるインディケーターの作成方法をシリーズで紹介して行きます

初心者でもわかりやすく解説していくので、ぜひ一緒にコードを入力してみましょう
今回はプログラムの初めの一歩”Hello World”と出力するインディケーターを作ってみましょう

Read more

1 2 3 4 5